転職先では、転職してきた人を過大に評価する傾向があります。

転職後気をつけること
転職後気をつけること

転職先では、転職してきた人を過大に評価する傾向があります

転職後気をつけること
転職先では、転職してきた人を過大に評価する傾向があります。「中途採用されるほど能力が高いのだろう」「即戦力としてすぐに役立つスキルやノウハウを持っているのだろう」という期待が先行しがちです。

転職後に、新しい環境で自分の能力より遥かに高い期待をされることはとてもプレッシャーだと思います。ですが、その期待に応える結果を最初に出せば、「やっぱり仕事ができる人」という印象を周囲に与えることができます。そして、自分の存在や能力を認めてもらえ、スムーズに転職先での仕事に加わり、任されるようになることもあります。
逆に、この期待に応えられないと「意外と使えない」というレッテルを貼られてしまい、それを挽回するのは非常に大変なことになります。こういった「転職先での洗礼」は、転職者にとっては不可避なものです。
好意的であれ、そうでないにしても、新しい職場で受け入れられるためには、どれくらいの成果を最初に出すかが非常に重要となります。
ここで気を付けることは「やりすぎてはいけない」ということです。
過剰にすると妬みや反感を買い、その後の職場での人間関係を悪化させてしまいます。ほどほどの匙加減で成果を出すのは神経を使い難しいことですが、これを乗り越えて初めて「転職成功」といえます。ぜひこの点を気を付けて、転職を良いものにしてください。

お役立ち情報

Copyright 2017 転職後気をつけること All Rights Reserved.