転職の際は不安と期待が交錯し、とても不安定な状態になります。

転職後気をつけること
転職後気をつけること

転職の際は不安と期待が交錯し、とても不安定な状態になります

転職後気をつけること
転職の際は不安と期待が交錯し、とても不安定な状態になります。会ってもいない上司や同僚を頭の中で思い描いたり、やってもいない仕事を頭で理解したり。たいてい、その予想は外れますよね。
しかし、転職先では新入社員の配置や仕事内容に関して具体的に決まっていますので、新入社員はいくつか注意しなければならないことがあります。
入社するにあたって、ある程度はその会社に興味を持っていることと思います。ですから、全くの事前勉強なしに乗り込むのは、あまりにも大ざっぱ過ぎます。業界を取り巻く状況や、監督官庁の規制やら、事前にも学習できることは多くあると思います。ある程度の予備知識を持った方が無難でしょう。
次に、前職の守秘義務を必ず守る必要があります。もちろん、これは建て前ですが、あまりしゃべり過ぎると自分自身の人格を疑われてしまいます。周囲の人は、この点に関して興味を持って聞いてきますので、あまり調子に乗らないことが大切です。

最後に、場所が変われば、やり方も変わります。ましてや新入社員です、立場をわきまえなければなりません。今までのやり方を一旦置いておいて、上司、同僚の言われることには素直に従う、この柔軟性が必要です。
無理に我を通せば「生意気」と思われ、入社してすぐに孤立すること間違いなしです。
職人とは違い、仕事は一人でできません。お互いの協力関係の上に成果があります。
ちょっと偉そうに言いましたが、これらが私の経験談です。

お役立ち情報

Copyright 2017 転職後気をつけること All Rights Reserved.