前の企業である程度キャリアを積み、自信をつけて転職した場合、どうしても転職先での新人扱いに慣れないものです。

転職後気をつけること
転職後気をつけること

前の企業である程度キャリアを積み

転職後気をつけること
前の企業である程度キャリアを積み、自信をつけて転職した場合、どうしても転職先での新人扱いに慣れないものです。
以前は上司や先輩の立場でいた人でも、転職先では当然一番の新人です。
自分よりも若い人でも先輩は先輩です。
そこに余計なプライドを持っていくと、転職先での新しいスタートが良いものにならないと思います。教えてもらう立場として、年下だろうが誰であろうが、真摯に話を聞き、仕事を早く覚えることを心がけたいものです。

また、同業者や同じ職種に転職した場合、「前の会社はこうだった」などと比較することがあると思います。それが明らかに前の企業の方が正しかったり、効率が良かったりしても、まずは心の中で思うだけに留めるべきです。
もしそれを言われたら、教える立場の人としては、「そんな前の会社のことは知らないよ」と少なからず思う人もいるでしょう。
そうならないためにも、まずは仕事を教えてもらい、自分がその企業で一人前になることが大切となります。そしてひと通り仕事を覚え、自分ですべてが出来るようになってから、前職での知識や良かった点を踏まえて、今の仕事を自分なりに変えていけばいいのです。
このように転職後は、新人だという事を忘れずに、まずは素直に仕事を教えてもらい、早くその企業で独り立ちが出来ることを目標にしていく事が大切だと思います。

Copyright 2017 転職後気をつけること All Rights Reserved.