転職後に気をつけることは、謙虚さを失わないことだと思います。

転職後気をつけること
転職後気をつけること

転職後に気をつけることは、謙虚さを失わないことだと思います

転職後気をつけること
転職後に気をつけることは、謙虚さを失わないことだと思います。
例としては、「前の会社では〜」を安易に言わないこと。会社の数だけルールやしきたりがあります。例えば転職先では「朝のコーヒーを女子社員が出す」という時代錯誤なきまりがあったとしても、転職してすぐに「前の会社ではこんなことやらなくても良かったです」なんて言わない方がいいです。
以前からその会社にいる人からすれば、「新人がいきなり何を言ってんだ」って感じになりますからね。おかしいと思ってもすぐに声をあげずに、自分が会社になじんだころに代替案を提案していけば良いと思います。
それからもう一つの例は、言葉遣いです。
転職をすると、自分の実年齢が何歳でも、その会社では一番新入りになります。例えば重役として引き抜かれたとかなら別ですが、そうではない一般社員の場合は相手がどれだけ自分より若くても、まずは丁寧語で話すべきだと思います。
たとえ新卒で入って社歴1年の人でも、その会社では先輩です。
社会人としての経験は自分の方が長くても、その会社については社歴1年の人の方が当然知っています。だから、「自分は新人」と謙虚さを忘れず、その会社の先輩全員に敬意を持って接するべきだと思います。もちろん少し打ち解けてきたら、言葉遣いは柔らかくしていっても良いかなとは思いますが。

Copyright 2017 転職後気をつけること All Rights Reserved.