転職を経験したことがある方ならおわかりでしょうが、職場や会社によって色々な習慣とか考え方というものがあるものです。

転職後気をつけること
転職後気をつけること

転職を経験したことがある方ならおわかりでしょうが

転職後気をつけること
転職を経験したことがある方ならおわかりでしょうが、職場や会社によって色々な習慣とか考え方というものがあるものです。
それらはどれが正しいというよりは、長年の経験や試行錯誤によって定まったものが多いでしょう。たとえば会議のやり方とか、報告書の作り方、生産現場でのノウハウなど独自のものが多くあります。
転職したばかりのころは、そうした相違点に驚いたり、違和感があったりするものです。
それは当然のことですが、ここで気をつけなければいけないことがあります。自分が今までやってきたやり方と違うからと言って、言下に否定し、これはこういう風に変えた方が良いと言い出すのは禁物です。
もちろん改革すべき点は改革しなくてはなりませんし、そうした改革を任されての転職であるかもしれません。
しかしその場合でも、自分たちが今まで是として行ってきたことを、新しく入ってきた人に否定されれば、決して良い気持ちはしないものです。

たとえ前職で長いキャリアがあったとしても、その組織では新人としてしばらくは、組織のやり方にならうのが大切です。
そうしていると、自分がおかしいと思っていたやり方にも、それなりの理由が見えてくることもあります。その上で改革すべきと思ったら、上長に提案するなどの手順を踏んで変えていけばよいのです。

一番いけないのは、説明を受けた時、即座に「それは変だ」とか「前の会社ではこうしていた」と主張しすぎることです。
言われた方の気持ちになってみましょう。自分だって、気持ちよくはないはずです。

お役立ち情報

Copyright 2017 転職後気をつけること All Rights Reserved.